お薬について

医師の診察を受けたあとに、お薬のかわりに「院外処方せん」が渡されます。処方せんにはお薬の名前や種類、量、使い方が書かれています。この処方せんを保険薬局にもっていくと、薬剤師が薬の量や飲み合わせ等を確認の上、調剤します。

当院では、国の政策として厚生労働省が勧めている医薬分業を実施し、「院外処方せん」の発行を推進しております。皆さまのご理解とご協力をお願いします。

院外処方せんを受け取られた方へ

  • 保険医療機関で交付される処方せんの使用期限は、交付日を含め4日以内です。これには、休日や祝日が含まれますので、処方せんの使用期限を過ぎないようにご注意ください。
  • 院外処方せんは1度しか使えません。更にお薬が必要な場合は受診が必要になります。
  • 院外処方せんやお薬の紛失による処方せんの再発行は自費(健康保険適応外)となりますのでご注意ください。
  • 他の病院や診療所の処方と同じ薬が重複していたり、危険な飲み合わせがある場合など処方内容に疑問 がある場合、薬剤師が医師に問い合わせ、その結果、処方内容の変更や、処方中止等の処置がとられることもあります。

化学療法レジメン一覧

がん化学療法には、点滴薬、内服薬または併用といった薬物治療があり、発生部位毎のレジメンによりそれに伴う副作用もあり、対策にも注意が必要となります。最近は副作用対策等も進み、外来での投与が可能となっているレジメンも多くあります。当院では導入時や点滴薬施行時は院内処方となる場合もありますが、他科での受診時には院外処方となることも多く、お薬手帳にレジメン名を記入し保険調剤薬局においても副作用等を早期に発見できるよう連携しております。また、当院において郡内薬剤師との月1回の勉強会を開催し、情報共有の場を設けています。レジメンに関しては薬剤部または化学療法室にて随時対応させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらへ

原町赤十字病院 薬剤部(内線4606) 
化学療法室[水・木曜日](内線3201)

0279-68-2711 (代表)

月~金曜日,土曜日(第1・第3)
 ※祝日を除く

病院イラスト